三島里山倶楽部

TOPへ
間近なイベント
清掃プロジェクト
竹林整備
小沢川下流
里山の生物
ボランティア
三島風穴
三島・富士山
三島の滝
三島七石
三島八小路
搗屋のみち
昔の鎧坂
カワセミ
間眠神社
浅間・芝岡神社
源頼朝マップ
函南マップ
ハザードマップ
駐車場マップ
編集室
資料館だより
検索順位
外部リンク
わきみず
壱町田の神
愛染院跡
「知っ得」情報
神津島と海の道
縄文時代の舟を考える
三嶋大社・神池の水源
巨樹・名木
万巻上人が愛した函南桑原
巨樹のある神社・仏閣
菰池公園と鴨の親子
三島風穴(みしまふうけつ)の目次 
三島風穴
TOP
三島風穴とは
三島風穴
新聞報道
三島風穴
緊急調査
三島風穴
生物鉱物
三島風穴
洞窟図面
三島風穴
三島市議事録
工事後の
入洞調査
三島風穴とは



 
  富士山に最も遠く最も低い火山洞窟

古くて新しい三島風穴

三島風穴は、縄文時代・1万数千年前に富士山より最も遠く(30km程)かつ低い位置(標高43m)まで内部は相当長い間高温を保ち流動性を保って溶岩が流れてきました。

流動性に富む玄武岩の溶岩は流れるうちに徐々に外側が冷え固まって薄皮のようになってきます。
この薄皮の中を約1150℃溶岩が流れ出してしまうとそこが空洞となり溶岩洞窟が形成されます。その洞窟(横穴)が地表から8m下に存在する。

昭和28年に三共製薬の工場敷地の北西隅において、井戸を掘削中に偶然発見されたものであり、永年同社の私有地にあったため入洞者は極めて限られ、私有地にあったことから市指定遺跡にもなっておらず、本格的学術調査がされていない唯一の火山洞窟である。

現在、整備保存は手付かずのまま柵に囲まれ、施錠され立入り不可となっている。

 

三島風穴は、1万数千年前(縄文時代)の富士山の噴火のパホイホイ溶岩流が30kmほど流れた三島溶岩流の末端に出来た溶岩洞窟です。

風化や崩落による洞口が開口していない為、洞内の保存状態が良好で、密閉状態の地中で1万年以上の時間が経過した洞内の様子を観察できます。
新しい熔岩洞では観察できない、熔岩表面の経時変化や天井の様子などを富士山樹海にまで出掛けなくとも容易に観察できます。

新幹線の駅前にあるため、将来は海外(ハワイ、アイスランドなど火山地帯)の研究者、行政担当者にも容易に観察できる世界的に価値のある洞窟となる可能性があります。
・・・その存在を知って一番びっくりしているのが「三島風穴を知らなかった三島市民」です。

・・・三島市が学術調査を行わず、同市HPに公知することなく、市自らが独自の特徴を保有する火山洞窟を拙速に埋設してしまえば、世界ユネスコにもつながる多くの科学者や外国ケイバーの耳に伝わり、大きな反響として三島市のみならず富士山を世界遺産として標榜する静岡県への非難に繋がりかねないものと憂慮しているものです。


  洞窟測量・記録委員会                                 International Union of Speleology

北東側 Aタイプの溶岩棚  2010/02/06火山洞窟学会・川村事務局長撮影
三島風穴の保存について熟議していただきたい。

・・・自然遺産の保存と都市近代化計画との両立は不可能でしょうか?

計画道路の陥没等を前提とした道路下の風穴埋め立て工事が目前に迫って参りましたが、近代的橋梁工法(天蓋)応用など三島風穴の保存を前提とした調査や保存工法の選択を三島市民に広く知らしめ、後顧の憂いを残す事が無いように計画の見直しを図るべきです。

拙速に埋め立て工事を強行し取り返しのつかない事態にならないように、私達三島市民は1万年以上の歴史を刻む三島風穴の保存と都市計画両立について真剣に熟議しなければならないと提言いたします。

とくに、三島風穴中央部東側には未封の縄文時代をそのまま残す独立洞も確認されており、洞内には学術的に貴重な存在も表出しているだけに、関係当局に対し市指定遺跡をも再考していただくことを強く望みたい。

緊急調査スタッフの専門家が一番注目しているのが東横インホテル側の北西洞内にある国内最大級とされる珪酸華カーテンやコウモリグアノの存在、これらを三島市がコンクリートで埋設してしまったら取り返しのつかないことになります。その損失は金額では計り知れないものになるに違いない。



巨大地震に耐え抜く三島風穴

 三島溶岩は誕生以来約14000年、一方東海大地震のような海溝型巨大地震は約150年に1回程度起きて来たと思われ、粗く見積もって約100回くらい激しい地震動を受けてきたはずです。(仮に500年に1回としても、20回以上です。)

 それだけの地震を受けながら、この溶岩洞窟(三島風穴)がこれだけの姿を保っていることは、この溶岩洞窟が如何に頑丈であるかを逆に物語ってもいます。
なお、この三島風穴の保存意義は大きく、一般教育材料・防災教育材料・観光資源として大いに活用の可能性を秘めている。

 時まさに外国人観光客増を目指して国として観光に力を入れようという昨今、加えてユネスコを頭に官民挙げてのジオパーク構想が世界・国内各地で進みつつある現在、人為的な手を少しでも加えぬまま自然状態で保存する意義はますます高まるに違いありません。(KK)


三島風穴の強度について・・・ (極端に異なる洞内観察報告)
三島市議会へ提出された洞内状況報告内容

平成21年8月28日(今回)に実施した今年度の内部調査において、洞穴頂部に大きく開口した割れ目が確され、前回調査で安全と考えられていた三島風穴の南側付近(入口付近)においても危険な状況が確認された。さらに、これより北側の道路近接部分は、落盤が激しく、人が立ち入れない状況であり、今回も内部調査が困難であった。

火山洞窟学会緊急調査スタッフの洞内状況報告内容

三島風穴は、梯子で下りる深い位置にあり、頑丈な壁や天井に覆われています。
洞内の形状がボアパッセージ(パイプ状)の構造で、安定した構造です。
三島風穴の断面は円形または玉子型で安定している部分が多く、地表の乾燥化、砂漠化や振動、重量物の運搬による加重などの影響なければ、全く崩落の危険性はありません。
従って、三島風穴の洞口はマンホールで湿度が保たれ、洞内の乾燥による風化促進が起こらないで、あと1万年は風化しないと思われます。
駅前駐車場の松の木と道路反対側の桜の木が地面の乾燥化を防いできました。
しかし、芝生は保水力が低く、柵の中を見た時から砂漠化を危惧しています。

◎落盤で崩落している部分に関して:
入洞した時に危険を感じる浮き石や最近崩落した部分は添付報告写真の部分には観察されませんでした
充分に通過できる空間があり、危険を感じる崩落状態は観察されませんでした
内側の壁や天井をハンマーで叩いて、岩盤の厚さや振動が伝わらない部分の確認を行い崩落部分の把握などの調査や振動の伝達有無を確認せずに何が根拠か不明です。
崩落部分を通過しましたが、最近ずれた岩の破損痕、打痕などは全く観察されませんでした

例外は、ホテルの基礎工事のコンクリートが固められている部分とマンホールの工事下で、洞内の天井を掘り抜いてしまった工事の時のアスファルトや土砂を流入させた部分があります。ここには新しい破砕面のある岩石や土砂アスファルトなどが観察されました。
これらの場所以外は安定しており、熔岩の表面に新しい岩石の内面が見られる場所は殆ど見られませんでした。遠い将来まで、洞内が乾燥化しなければ、強度は急激に変化しないと思われます。

2010/02/06緊急調査洞内状況報告・ケイビング歴25年筆者HK
(なお、HP管理者が三島風穴以外の報告は割愛しました)


TOPへ
間近なイベント
清掃プロジェクト
竹林整備
小沢川下流
里山の生物
ボランティア
三島風穴
三島・富士山
三島の滝
三島七石
三島八小路
搗屋のみち
昔の鎧坂
カワセミ
間眠神社
浅間・芝岡神社
源頼朝マップ
函南マップ
ハザードマップ
駐車場マップ
編集室
資料館だより
検索順位
外部リンク
わきみず
壱町田の神
愛染院跡
「知っ得」情報
神津島と海の道
縄文時代の舟を考える
三嶋大社・神池の水源
巨樹・名木
万巻上人が愛した函南桑原
巨樹のある神社・仏閣
菰池公園と鴨の親子
三島風穴(みしまふうけつ)の目次 
三島風穴
TOP
三島風穴とは
三島風穴
新聞報道
三島風穴
緊急調査
三島風穴
生物鉱物
三島風穴
洞窟図面
三島風穴
三島市議事録
工事後の
入洞調査


三島里山倶楽部
三島風穴新聞報道
三島風穴新聞報道
inserted by FC2 system